大事なのは話し方

Handsome male doctor

病院にかかるときには、大人なら内科、子供なら小児科にかかることが多いです。まずは、内科を受診してから総合病院へ行くとか、専門の病院へ行くなどの場合が多いからです。ですから、信頼できる内科のクリニックを知っておくことは大切です。では、信頼できるクリニックなのかどうかは、どのようにして判断したらよいのでしょうか。 内科のクリニックを開業する際には、専門医でなくても開業できます。耳鼻科や眼科に内科が併設されているクリニックをよく見かけますが、その場合、そこで開業している医師の専門は耳鼻科や眼科ということが多いでしょう。内科の患者を診察することに問題はないとはいえ、経験が浅い医師もいますから、内科を専門とするクリニックで診てもらう方が安心です。

内科を受診した際、自分の症状の変化や今の状況について詳しく説明する必要がありますが、そういった患者の話を十分聞いてくれるかどうかでよい内科の医師なのかどうかが分かります。医師にとっては、何度も聞いたことがある同じような話かもしれませんが、患者にとっては自分の症状について知ってもらう大切な時間です。知っているような話の中に思わぬ病気のヒントが隠れている場合もあります。誤診を防ぐためにも、そのような患者との会話を軽く考えず、きちんと向き合って会話をしてくれる内科の医師が良い先生だと言えるでしょう。 技術や知識だけでなく、内科の医師の人柄も信頼できるクリニックの条件だと言えます。医師自身も人間ですから、医師のコミュニケーション能力だけに期待するのではなく、患者の側も受診前に伝えたいことをメモにまとめておくなどの努力をすると、うまく説明することができますし、信頼関係も築けるでしょう。