複数の医科とセット

doctor and girls

内科は、だんだんと病気が複雑になることで対応が進化しています。昔は、病気そのもので風邪や胃腸炎に対して薬の処方や検査をしてきました。最近は、メンタルからくる疾患や鳥インフルエンザといった最新の病がありますので、幅広く対応することが重要になってきています。そのため、心療内科や胃腸器科といった複数の診療科目とセットで個人病院を開業する内科医が増えています。さらには、CTや内視鏡といった高額の検査設備を自前で導入することでほかの病院との差別化を図っています。内科でありながら、健康診断に力を入れるといった検査にも力を入れた形態も現れています。患者のほうも多様化する内科に対してセカンドオピニオンを求める動きがあります。

内科で工夫するといい点は、検査を有効活用して徹底的に検査をすることで詳しい病気がわかります。最近では、CTや血液検査やエコー検査など様々な検査機器を導入しているところが多いので、原因を特定しやすいです。例えば、胃腸炎と思っていたら内視鏡によりピロリ菌やポリープといった付随の病気が発見されることができるからです。こうすることで、人間ドックでは、高額費用をとられるところが保険適用になりますのでリーズナブルな価格で受診することができ、内科を有効活用できます。万が一内科で大きな病気が発見されても大型病院の内科と提携していますので安心です。症状が改善されないときは検査に移行しやすいので、放置せずにすぐに受診も重要です。